• ofa

iPhoneアプリ「GarageBand」で音符打ち込み♪

iPhoneアプリ「GarageBand」 (その他の記事はこちら)


音符データを打ち込んでみましょう。


矢印が指す左上のボタンをタップすると、画面が切り替わります。



ピアノのアイコンが出ている横のラインのどこでも良いので、適当にタップすると、



編集」が出現します。




編集をタップすると、

ピアノロール画面が表示されます。



左上の鉛筆マークを横にスライドすると、

「音符データが打ち込めるモード」になります。




適当な場所をタップすると、

このように緑色の四角が現れます。


これが音符データです。


真ん中上の三角形(再生ボタン)をタップすると

打ち込んだ音が鳴ります。

打ち込んだ後でも音の高さや長さは変更できます。



元の画面に戻りたい時は、右上の「完了」をタップ。

緑色の箱(リージョン)の中に音符データが入っているのが確認できます。


再生時、メトロノームの音が気になる場合は、

赤い丸ボタン右のメトロノームをタップすると音が消せます。



音符データ打ち込みの流れはこんな感じです。







次の記事→iPhoneアプリ「GarageBand」でギター演奏♪



その他の記事はこちら


#GarageBand #作曲 #iPhone #Music #音楽 #音符打ち込み

© 2020 ofa

楽曲制作、BGM効果音制作等、随時承っております。

CONTACT又はメールよりお気軽にご相談ください。