iPhoneアプリ「GarageBand」iPhoneでギター演奏♪II
  • ofa

iPhoneアプリ「GarageBand」でギター演奏♪II

iPhoneアプリ「GarageBand」 (その他の記事はこちら)



Autoplay ~ リアルタイム入力




Autoplay」という便利な機能をご紹介します。




ギターの画面を表示した状態で、

右上のつまみをタップすると「Autoplay」が出現します。



初期設定はOFFになっているので、1~4のいずれかに合わせます。



コードをタップすると、自動で演奏されます。

KEYBOARDもコード演奏画面から同様にAutoplayが出来るので、

試してみると面白いと思います。




その他の機能も見ていきましょう。




右上のスパナをタップすると、


・テンポ

・拍子

・キー


などが設定できます。


キーの下の「コードを編集」で、


「Em、Am、Dm、G、C、F、B♭、Bdim」


のコードを一つ一つ変更することが出来ます。


最後にリアルタイム入力をやってみましょう。



赤い丸をタップすると、

4分の4拍子であればメトロノームが4回鳴ってから録音が開始されます。



プレイヤーになったつもりで、リズムに合わせて演奏してみましょう♪


どんな感じに入力されたか確認してみましょう。


少しずれていますが、綺麗に録れました。


大きくずれてしまっても、後から自由にタイミング調整できるので安心して演奏出来ます。



ギターのコードをリアルタイム入力すると、

実際に弾いているかのように、6つの弦の音が微妙にずれて入力されます。


きっちり頭を合わせて和音を作ったときより、リアルに聴こえます。



頭を合わせた和音とずらした和音を作って、

聴き比べてみても面白いと思います。








次の記事→iPhoneアプリ「GarageBand」で小節数変更♪



その他の記事はこちら


#GarageBand #作曲 #iPhone #Music #音楽 #Guitar